【アダルトVR対応】失敗しないためのゴーグル選び

アダルトVRについて

このページを視聴されているということは、これから「アダルトVR」動画を楽しみたいと思っている方だと思います。

「アダルトVR」は、最新のテクノロジーにより、家にいながらAV女優とSEXが疑似体験できちゃいます。

SEXを疑似体験できる…ほんまかいな!?と思うかもしれませんが、「アダルトVR」動画を初体験した方は、きっと、大いなる衝撃を受けるでしょう…。


さて。そんな近未来のオナニーが体験できる「アダルトVR」動画ですが、実は今までのAVのように、モニター1台あれば視聴できるというわけではありません。

「アダルトVR」動画を楽しむためには、「アダルトVR専用ゴーグル」が必須になります。

「アダルトVR専用ゴーグル」は、数千円の安価な物から、5万円以上する本格的なゴーグルまでいろいろな種類があります。


「アダルトVR」動画をこれから楽しみたい!!という方は、おそらく、どのゴーグルを購入すればいいのか迷ってしまわれるでしょう。


ということで、今回はVR機器選びで失敗しないために、お手頃価格の物から本格VR機器まで、それぞれの特徴を踏まえながら順次ご紹介します。


アダルトVR 快適オナニーライフ
「アダルトVR」動画は、あなたが今まで持っていたオナニーの概念が根底からくつがえります。

今までのアダルト動画は、AV男優と女の子との絡みを監督視点で視聴していました。

つまり、私たちは「客観的視点」でアダルト動画を視聴していたんですね。

しかし「アダルトVR」動画は、視聴者が物語の主役、つまりあなた自身が「AV男優」となり「主観的視点」で女の子とSEXができてしまうんです。

VRの世界だからこそ実現する半端ない「没入感」

  • 今までのアダルト動画に飽きた。
  • 未来のアダルト動画を視聴してみたい。
  • 自分がAV男優になって、女の子とSEXしたい。
  • 最近SEXしていないからSEXがしたくてたまらない。でも風俗に行くお金はない。


上にあげた項目に一つでも当てはまる方は、「アダルトVR」動画を是非体験してみてください。

FANZA
「アダルトVR」動画視聴サイト FANZAはこちらから

お手頃価格なVRゴーグル

アダルトVRを視聴するための専用ゴーグルは、大きく分けて2つのタイプがあります。

  • 1つ目は、PCやスマホなどの外部機能が必要なVRゴーグル。
  • 2つ目は、外部機能が一切不要なVRゴーグル。

まずは、スマホ必須のお手頃価格なVRゴーグルをご紹介します。


①.SAMONIC 3D VRゴーグル

値段だけで考慮すれば、100円ショップで買えるようなもっと安価なゴーグルもありますが、まともに視聴できないのでオススメしません。


「SAMONIC 3D VRゴーグル」は、付属品としてイヤホンとリモコンもセットでついてくるので、スマホ一台あれば「アダルトVR」動画を楽しめます。

「SAMONIC 3D VRゴーグル」のレンズは、非球面光学レンズで、ブルーライトカット、電磁放射線防護機能もついているため、目に優しい設計になっています。


一つ注意点として、「SAMONIC 3D VRゴーグル」は眼鏡をつけたまま使用することができません。

とはいえ、ピント調節機能はついていますので、多少視力が悪い方でも問題なく使用できると思います。

お値段は、2000円台なのでかなりお手頃な価格です。




SAMONIC 3D VRゴーグル VRヘッドセット iPhone Androidスマホ対応「イヤホン、Bluetoothコントローラ、日本語説明書付属」


②.エレコム VRグラス VRG-S01BK

エレコムはさまざまなタイプのVRゴーグルを販売していますが、その中でも「VRグラス VRG-S01BK」は最もスタンダードなゴーグルです。

付属品としてリモコンがついていない分、お値段はかなりお手頃価格になっています(もちろんリモコンがなくても使用できます)。


「VRグラス VRG-S01BK」にもピント調節機能はついていますが、眼鏡をかけたままでもゴーグルが装着できるので、視力が悪い方でも安心して使用できます。

ちなみに「VRグラス VRG-S01BK」は、「SAMONIC 3D VRゴーグル」にはついていた、ブルーライトカット機能、電磁放射線防護機能などはついていません。




エレコム VRゴーグル VRグラス 目幅調節可能 メガネ対応 ブラック VRG-S01BK


③.令和進化型VRゴーグル

「令和進化型VRゴーグル」は、リモコンが付属品としてついており、今までのVRゴーグルと同様、スマホ一台あれば使用できます。

また、ブルーライトカット機能や、電磁放射線防護機能もついており、目に優しい設計になっています。


「令和進化型VRゴーグル」は、まだ発売されて間もない商品ですが、私が一押しするVRゴーグルです。

VRゴーグルはそこそこ重量があるため、長時間つけていると首が疲れてきます。



しかし「令和進化型VRゴーグル」は、かなり軽量化しており、首の疲れ等はそこまで気になりませんでした。

そして、メーカーがこだわりを持って開発した部分が、VRゴーグル装着時の「フィット感」です。

顔に跡がつかないようなスポンジ素材を使用して「フィット感」を重視し、伸縮性のベルトを使用して頭部にジャストフィットするように設計されています。




Dasimon[令和進化型VRゴーグル] VRヘッドセット 3D VRヘッドマウントディスプレ モバイル型 瞳孔/焦点距離調節 軽量 非球面光学レンズ 4.7~6.5インチスマホ Bluetoothコントローラ付 120°視野角 着け心地よい スマホVR 近視適用 4.7~6.5インチ iPhone& android などのスマホ対応 日本語説明書付 ブラック


本格的なVRゴーグル

続いては、価格帯もそれなりに高い本格的なVRゴーグルをご紹介します。

本格的なVRゴーグルを使用することで、スマホで視聴する「アダルトVR」動画とは一味も二味も違った世界を堪能することができます。

ちなみに、本格的なVRゴーグルは、視聴時にはスマホを必要としません(セッティング時に必要な場合があります)。


④.Oculus Quest

Oculusシリーズは「Oculus Go」「Oculus Quest」「Quest Rifts」の3機種ありますが、本格的にVR動画やアプリなどを楽しみたい人にオススメな機種は「Oculus Quest」です。


「Oculus Go」と「Oculus Quest」は、PCなどの外部接続は一切不要で(最初の設定のみスマホが必要)Oculus機器単体で「アダルトVR」動画を楽しむことができます。

「Oculus Quest」は、PC接続が不要であるため、寝ながらアダルトVRを視聴する…という、世の男性が夢に描いていたオナニーができちゃいます。


ちなみに「Oculus Go」と「Oculus Quest」の違いは、「Oculus Go」は3Dofで、「Oculus Quest」は6Dof(ここでは詳しい説明は省きます)となっています。そして、映像は「Oculus Go」よりも「Oculus Quest」の方がきれいです。




【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB


⑤.OculusRift S

Oculusシリーズは、アメリカの大手メーカーであるフェイスブックが企画・開発しているため、品質については安心かつ安全です。


「OculusRift S」は、PCと接続型のVR機器で「Oculus Go」や「Oculus Quest」のように、VR単体では稼働しません。

「OculusRift S」は、VR機器とハイスペックPCを接続することにより、Oculusシリーズ3機種の中で最も美しい画像を表現することが可能になっています。


しかし、個人的な意見としては、VR機器の購入した目的はあくまで「アダルトVR」動画視聴だけ、、、そんな方は、アダルトのためだけに高額な「OculusRift S」や「Oculus Quest」を購入してしまうのは、ちょっともったいないかなと思います。


「とにかく「アダルトVR」動画だけを楽しみたいんだ!!」。そんな方には、次にご紹介する「Oculus Go」で充分かもしれません。




【正規輸入品】Oculus Rift S (オキュラス リフト エス)


⑥.Oculus Go

「Oculus Go」は、Oculusシリーズの中では一番安価なVRゴーグルになります。

「Oculus Quest」と同じく、PCなどの外部接続は一切不要で(最初の設定のみスマホが必要)Oculus機器単体で「アダルトVR」動画を楽しむことができます。


「Oculus Go」には、32GBタイプのものと64GBタイプのものがあります。

これは、「Oculus Go」の中にアプリを保存できる容量のことですが、正直なところ「アダルトVR」動画を視聴するだめだけに購入するのであれば32GBで充分です。

というのも、「アダルトVR」動画を視聴する際には、「ストリーミング再生」「ダウンロード再生」の2種類の再生方法がありますが、「ストリーミング再生」であればダウンロードする必要もないため容量を食うことはないからです。


極論を言えば、「アダルトVR」動画だけを楽しみたいという方であれば「Oculus Goの32GB」で充分だと思います。




【メーカー生産終了】Oculus Go (オキュラスゴー) – 32 GB


⑦.PlayStation VR WORLDS”同梱版

プレイステーション4で「アダルトVR」動画を楽しむためには、「プレイステーション4本体」+「プレイステーションVR機器」+「カメラ」が必要です。

「PlayStation VR WORLDS”同梱版」には、カメラも付属品としてセットでついてきますので、後はプレイステーション4本体があれば、「アダルトVR」動画を楽しむことができちゃいます。


個人的な意見としては、既にプレイステーション4本体を持っている方であれば、プレイステーションVRは購入候補になりますが、わざわざ本体を購入してまでしてプレイステーションVRをする必要性は感じません。

ただし、「プレイステーションVR」はプレイステーション本体の機能に依存するため、より高画質で「アダルトVR」動画を楽しむことができるのは事実です。


アダルトだけに限らず「高画質のVRゲームを楽しみたい!!」という方は、「プレイステーションVR」も候補に入れても良いんじゃないかなと思います。




PlayStation VR“PlayStation VR WORLDS”同梱版 【Amazon.co.jp限定】オリジナルカスタムテーマ (配信)


まとめ

今回はサクッと、いろいろなVR機器を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

現状はVR機器がいろいろありすぎて、初心者の方は迷っちゃうんじゃないかなと思います。

初心者の参入障壁が高くならないように、今後のアダルトVR発展のためにもう少しVR機器を分かりやすく統一してほしいかなとは思います。

個人的には、「Oculus」シリーズを製造・販売しているフェイスブックに頑張ってほしいですけどね。


関連記事です。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました