アダルトVR動画のマニア系ジャンルって何があるの?

アダルトVRについて

「アダルトVR」動画は、今までのアダルト動画同様に、王道ジャンルのものから変態チックなものまでさまざまなジャンルがあります。


「アダルトVR」動画のメジャーどころとしては、たくさんの美女たちに囲まれてSEXする「ハーレムVR」、巨乳をメインに扱った「巨乳VR」、痴女からエロチックに責められる「痴女系VR」などです。

「アダルトVR」自体、誕生して間もないことから、一体どんなジャンルが「アダルトVR」に向いているのか、、、各メーカー試行錯誤を繰り返しながら「エロの最適解」を探している状態です。

ですので、これからも今まで以上に工夫を凝らしたVR動画がたくさん登場するのは間違いありません。


いろいろな意味で進化中である「アダルトVR」ですが、「アダルトVR」にも当然、王道ジャンルだけではなく、コアなファンをターゲットにしたマニア系ジャンルが多数存在します。


今回は、「アダルトVR」動画のマニア系ジャンルにはどういったものがあるのか。 そして、んなマニア系ジャンルが「アダルトVR」動画に向いているのか。

「アダルトVR」のマニア系ジャンルについて、いろいろと掘り下げてみたいと思います。



アダルトVR動画のマニア系ジャンル

マニア アダルトVR

今までのアダルト動画にも、常人には理解しがたいようなマニア系ジャンルはたくさんありました。

例えば、「ひたすら金玉を蹴られる動画」、「女の子がくすぐられるだけの動画」、「唾を垂らされるだけの動画」etc…。

あげればキリがありませんが、普通の感覚の人が見れば「何が楽しいの?」「ヌキどころが分からない」「マニア系ジャンルは無理…」って思うかもしれません。


でもね…。私から言わせれば「マニアな一面は、誰でも持っているでしょう?」って思うんです。


例えば、女の子のタイプにしても、100人いれば100通りの答えがあるわけで…。

「俺はノーマルだ!!」と自負している人だって、アダルト動画のヌキどころに関しては、おそらくみんな微妙に違うはずです。


つまり、フェチな一面やちょっと異なった性癖…、そんなマニアックな一面は、大なり小なりみんな持ってるってことなんです。


じゃあ「アダルトVR」動画は、具体的にどんなマニア系ジャンルがあるのか…。

続いては、「マニアの中のマニア」である当サイト管理人が、「アダルトVR」のマニア系ジャンルについて詳しくご紹介します。




SMVR

アダルトVR SM

「SM」は、マニア系ジャンルに分類されますが、SM愛好家は全国にたくさんいることから実際はそこまでマニアックとは言えないかもしれません。


「SM」と一口に言っても、S派の人とM派の人に分類されます。

Sの人はパートナーを責めるプレイで興奮し、Mの人はパートナーから責められるプレイで興奮します(ちなみに、私はS&Mの両党使いです)。

「SM」は、ただ女性を虐めればいい、男性を虐めればいいというものではなく、大変奥が深いプレイとして認知されており、制作メーカー側の作り方によっては、VR動画で「SM」の奥の深さを体験することは充分に可能だと思います。


今ではストーリーを選択できるVR動画も登場していることから、女性をどうやって責めていくのか、また、女性からどうやって責められるのか…(むしろ責められる方は、選択できない方がリアリティーがあるかもしれません)。

そんな選択肢のある「SM」VR動画であれば、かなり楽しめるんじゃないかなと思います。


でも正直なところ、現状は「SM」VRに関してはまだまだ未開拓のジャンルです。

今後に期待ですね。


VRの「SM」というジャンルにおいては、まだ名作と言われるような作品は世に誕生していませんが、今後開拓しがいのあるマニア系ジャンルだと思うので、、、制作メーカーさんには、是非とも本腰を入れて「SM」VR作品を制作してもらいたいですね。




ニューハーフVR

アダルトVR ニューハーフ

「ニューハーフ」と聞くと、ものすごくマニアックなジャンルのように思いがちですが、実はそうでもないんです。


2018年にFANZA内で「ネットで検索されたエロいトレンドワード」が発表されましたが、1位 熟女、2位 巨乳、3位 痴漢、4位 人妻…と王道エロワードが続く中、驚くことになんと、、、

12位に「ニューハーフ」がランクインされているんです。

いやいや、日本人よ…どんだけ変態が多いねん!!(私を含めて)。


12位以下は、15位 潮吹き、17位 痴女などがランクインしていますが、ニューハーフの検索数は「潮吹き」や「痴女」よりもランクが上ということに驚きを感じますね。


ちなみにですが、身体にメスを入れていない「男の娘」動画も、「ニューハーフ」動画と同じく人気ジャンルの一つです。

ただし。残念ながら「ニューハーフ」「男の娘」共に、「アダルトVR」動画では、まだ作品数が少なく未開拓のジャンルといえます。


「ニューハーフ」動画は、「アダルトVR」動画に向いているジャンルだと思うので、メーカーさんの今後に期待ですね。



隠語VR

隠語 アダルトVR

「アダルトVR」に向いているジャンル…それが「隠語」系ジャンルです。


「アダルトVR」動画では、女の子に右側から語りかけられれば、ちゃんと右の耳から声が聞こえてくる。

そして、左側から語りかけられれば、左の耳から声が聞こえてきます。


「アダルトVR」動画における「隠語」プレイは、臨場感が半端なく、まるで本当に隣にいるかのような錯覚に陥ってしまうことから、ハマってしまう人が続出しているんです。


例えばですが、おっぱいパブを舞台にした「アダルトVR」動画で「ねえ…ここでしちゃおっか…絶対に内緒だよ♡」なーーーんて小声で語りかけられた日にゃあ…。

もう、わしのオチンポは向かうところ敵なし。無敵モード発動です!!!


「隠語」プレイは、「アダルトVR」動画にめっっっっちゃ向いているジャンルですので、まだ体験していない方は是非体験してみてくださいね。



オナニー指示VR

アダルトVR オナニー指示

「アダルトVR」動画を視聴したことがない人にとっては、「オナニー指示」という単語自体聞いたことがない人が多いんじゃないでしょうか。


「オナニー指示」とは、例えばVR内の女の子が「ゆっくり手を動かしてみて…」「そうそう。いい感じだよ。こんどは唾を垂らしてみて…」「じゃあこんどはもっと激しく動かして」、というような感じで、あなたのオナニーに対していろいろ指示をしてくる動画のことです。


今までのアダルト動画で、可愛い子にオナニー指示されたとしても、現実感がなさすぎて興ざめしていた人もいるでしょう。

しかし、「アダルトVR」動画内で可愛い女の子から「オナニー指示」されると、臨場感がありすぎて思った以上に楽しめるます。


「オナニー指示」は、「アダルトVR」動画の「没入感」あってこそ成立する新ジャンルといえます。



覗きVR

アダルトVR 覗き

「アダルトVR」動画といえば、視聴者が「AV男優」になって女の子(AV女優)とセックスをする。つまり、「主観的」視点で視聴できるのが一般的です。

今までのアダルト動画では、監督のような立場で「客観的」視点でしか視聴できませんでしたが、「アダルトVR」動画では視聴者が主役になり、女の子とのイチャイチャプレイをリアルに体験することができる。それは、「アダルトVR」の「没入感」が成し得る業ともいえます。


でもね。「除き」のように客観的に視聴する「アダルトVR」動画も意外に楽しめるんですよ。


例えば、ラブホテルでカップルの生々しいセックスを除き穴からこっそり観察する。とか、エロマッサージされている女の子を除き穴からこっそり見る。とかね。


「没入感」が半端ない「アダルトVR」動画では、「除く」という行為を思った以上に楽しむことができちゃいます。

これも「アダルトVR」ならではの新ジャンルといえるでしょう。



スカトロVR

アダルトVR スカトロ

はい。マニア系ジャンルの王道ともいえる「スカトロ」ですが、「スカトロ」は「アダルトVR」動画にも存在します。

「痴漢」「SM」はまだ見れるけど、「スカトロ」はマジ無理ー。な~んて人も多いでしょう。


確かに「スカトロ」動画は見る人を選びますが、これだけ世の中に「スカトロ」動画があるってことは、それだけ見たい人もいるってことなんです。

あなたの隣にいる人が、実は「スカトロ」マニアかもしれませんよ…。
さて。かなりマニアックなジャンルである「スカトロ」ですが、「スカトロVR」動画はあることはありますが、まだまだ未開拓のジャンルです。

「没入感」が半端ない「アダルトVR」動画で、オシッコやウンチが目の前で飛び散る映像は、マニアであれば歓喜すること間違いないです。

もちろん、そっち系に興味のない人にとっては、地獄そのものでしょうけど…。


「スカトロVR」動画は、「アダルトVR」が世の中に更に浸透していくことで、今後もっと増えてくると思います。




露出VR

アダルトVR 露出

最後にご紹介するマニア系ジャンルは「露出」VRです。

「露出」系のジャンルは、従来のアダルト動画においてもたくさんありました。


さて。そんな「露出」系ジャンル。私が思うに、「アダルトVR」動画にはかなり向いているジャンルなんじゃないかなと思います。


電車やバス内で、女の子を露出させて痴漢するのもヨシ、プールで女の子の水着を脱がして痴漢するにもヨシ、彼女を野外で露出させて楽しむのもヨシ(ナニがヨシ、ナンダカ…)。

また、視聴者が主観的立場になって、自ら露出して女の子に見せびらかすものヨシ(ただし。視点が変わるVR映像は結構酔います)。


「アダルトVR」動画の露出系ジャンルは、非現実的エロを楽しめるマニア系の中でもオススメのジャンルです。



▼こちらはスマホ向けの露出系アダルトVR動画です。

まとめ

「アダルトVR」動画のマニア系ジャンルについて、いろいろとご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


個人的な意見としては、VRのマニア系ジャンルはまだまだ未開拓だと感じています。

「スカトロ」「露出」「ニューハーフ」「SM」などのマニア系ジャンルは、工夫次第では、もっとマニアが歓喜するようなVR映像を作れると思うんですけどね…。


マニア系ジャンルは、当然費用がかかるため値段は高くなるでしょう。 でもね。マニアの性的欲望は果てしなく高いので、お値段関係なく売れると思います。

「アダルトVR」マニア系ジャンルの今後の発展に期待を込めて、制作メーカー様にエールを送るとともに、駄文はこれにて終わりにしたいと思います。


関連記事です。   

コメント

タイトルとURLをコピーしました