【体験レポ】亀頭責めの「ブラックロック7」を使用した感想

アダルトグッズ

「亀頭」。それは、男性の身体の部位の中で、最も敏感かつ刺激的な部位です。

亀頭をこねくり回されるのが好きな人もいれば、ちょっと苦手な人もいるでしょう。


今回は、亀頭責めが苦手な人には不向きなアイテムですが、亀頭責めが好きな人には、超超たまらないアダルトグッズのご紹介です。


その名も「ブラックロック7」。


まるでハリウッド映画のようなタイトルですが、決してそんなカッコイイものではありませんのでご注意を。

ただの亀頭責め専用のオナニーバイブマシーンですからね。

アダルトグッズのNLS

「ブラックロック7」とは

ブラックロック7

「ブラックロック7」。


ファミレスなどで、隣にいた若い女子大生にこの呼称が聞こえてしまったとしても大丈夫でしょう。

彼女達が、ググらない限り分からないはずですから…。

「ブラックロック7」が、まさか、亀頭を刺激する電動オナホマシーンとは決して分からないはずです。

でも、もしかしたら、ピンと来るJDもいたりするかもしれませんから、公共の場で発声しない方がいいかもしれませんね…。


そんなことはさておき、要するに「ブラックロック7」とは、電動で亀頭を刺激するオナホマシーンです。

亀頭をピンポイントで刺激するオナホマシーンですから、亀頭責めが苦手な人にはオススメしません。

亀頭責めが好きな人は、試してみる価値は大いにあります。


でも、亀頭責めがそんなに好きじゃない人にもちょっとだけオススメです。

(その理由は後述します)。


ちなみにですが、「ブラックロック7」は、「アダルトVR」動画と連動はしませんが、相性は抜群です。

「アダルトVR」のように、没入感満載のエロ動画にアダルトグッズってなんでこんなに相性いいんでしょうね…。


それでは、私が、実際にブラックロック7を使用して、良かった点&イマイチだった点、そしてザクッとですが使用感などについてまとめてみました。


ブラックロック7


ブラックロック7の詳細はこちらから



「ブラックロック7」を使用した感想

ブラックロック7

それでは、「ブラックロック7」を使用した感想を良かった点とイマイチだった点に分けて記述していきます。

分かりやすく、良かった点、そして、ここはちょっとイマイチだったな~という点についてまとめてみました。

是非参考にしてみてください。



良かった点① とにかく安い!!

「ブラックロック」の価格は、なんと破格の1298円です!!


これ、めっちゃ安くないですか?


電動オナホマシーンで、1298円は超超激安です!!

新作エロVR1本程度の価格帯。

手動でするオナホ、テンガ並の価格帯。


この価格であれば、亀頭責めがそれほど好きじゃないって人も、とりあえず「お試し」で買ってみる価値はあるんじゃないですかね。


テンガと違って何回でも使用できますから、気になる人は是非試してみてください。



良かった点② 振動が7パターンある

「ブラックロック7」は、振動が7パターンもあります。

「ブラックロック7」に、なぜ「7」という数字がついているのか…。

つまりはそういうことです。


1298円という激安電動オナホマシーンにも関わらず、なんと振動が7パターンもあるんです。


小型のローターが、亀頭部分にかぶせる樹脂キャップの上の横についており、このローターがブルブルと7つのパターンで振動します。

パターンが一つしかないと確実に飽きがやってきますが、7パターンもあれば、自分のお気に入りの振動パターンもきっと見つかることでしょう。


▼7パターンはこんな感じです。


「こんな画像だけで分かるわけねーだろ!ボケカス!!」と怒られてしまいそうですが…。

まあ、ごもっともですね。


・・・ということで、気になる方は是非、実際に使用してみることをオススメします。


ブラックロック7


ブラックロック7の詳細はこちらから



良かった点③

とにかく静かです。


ブラックロック7

ごっついオナホマシーンに比べると雲泥の差があります。


ドアさえきっちり閉めていれば、音漏れすることもないでしょう。

ただし。ドアから突然、外敵が侵入してきたとしてもすぐに対処できるようにしておきましょうね。

小型ですし、すぐに電源OFFできますから、なんとかなるはずです。


対処できなかった時は、、、。 「わしは、亀頭が一番感じるんじゃい!!」 と、開き直りましょう(笑)。



イマイチだった点

ブラックロック7

亀頭がめちゃめちゃ感じる人にとって、「ブラックロック7」は最高のオナホマシーンとなります。

しかし、亀頭だけの刺激で射精できる人は少数派だと思います。

つまり、私を含めて「ブラックロック7」だけでは、ちょっと物足りないなあと感じてしまうかもしれません。


やはり、本格的なオナホマシーンに比べると「物足りない」と感じてしまいます。

(間違いなくコスパは良いですが…)。


ということで…。


オナニーの合間に「ブラックロック7」を使用して、オナニーにアクセントをつける。

普段とはちょっと違ったオナニーを楽しむ。的な感覚で使用すると楽しめるんじゃないかなと思います。


「いつものオナニーにちょっとしたアクセント」。

いや~いいこと言った俺(笑)。


「物足りなさ」も「アクセント」と思えば楽しめちゃいますから。

アダルトグッズのNLS

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ブラックロック7」は、決して完全無欠のオナニーグッズではありません。

しかし、コスパは最強の部類に入るアダルトグッズですので、気になる方は是非試してみてください。

亀頭責めはちょっと苦手だな~なんて思っている方も、普段のオナニーにアクセントをつける意味を込めて使用してみると、また違ったオナニー観が生まれてくるかもしれません。


▼亀頭責めが好きな方にオススメのアダルトグッズです。こちらもなかなかの代物です。


アダルトグッズとは無関係ですが、亀頭責めが好きな方で名古屋周辺にお住まいの方は、以下の記事も参考にしてみてください。

▼ちょっと変わった風俗店です。


関連記事です。


アダルトVR 快適オナニーライフ
「アダルトVR」動画は、あなたが今まで持っていたオナニーの概念が根底からくつがえります。

今までのアダルト動画は、AV男優と女の子との絡みを監督視点で視聴していました。

つまり、私たちは「客観的視点」でアダルト動画を視聴していたんですね。

しかし「アダルトVR」動画は、視聴者が物語の主役、つまりあなた自身が「AV男優」となり「主観的視点」で女の子とSEXができてしまうんです。

VRの世界だからこそ実現する半端ない「没入感」

  • オナニーに飽きてしまった。
  • 未来のアダルト動画を視聴してみたい。
  • 自分がAV男優になって、女の子とSEXしてみたい。
  • 最近SEXしていないからSEXがしたくてたまらない。かといって風俗に行くお金もない。


上にあげた項目に一つでも当てはまる方は、「アダルトVR」動画を是非体験してみてください。

FANZA
「アダルトVR」動画視聴サイト FANZAはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました