「Oculus Go」の販売が終了 アダルトVRに最適なVR機器は?

アダルトVRについて

FacebookのVR機器「Oculus Go」の販売が終了することが決まりました(2022年までは不具合の修正や、セキュリティアップデートは継続するとのこと)。


「Oculus Go」は、当サイトでも「アダルトVR」動画を視聴するためのVR機器としてオススメしていたこともあり、販売が終了してしまうのは非常に残念に思います。


「Oculus 」シリーズは、「Oculus Go」以外に「Oculus Quest」「Oculus RiftS」と、全部で3種類のVR機器がありました。しかし、Facebookは今後「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」の2機種の開発に注力していくとの方針を示しています。


私が思うに「Oculus Go」は、使い勝手の良さやコスパ面などトータルで考慮した場合、「アダルトVR」動画を視聴するのに最も適したVR機器だったと思います。


しかし、2020年で「Oculus Go」が販売終了してしまうということで、これからは「アダルトVR」動画を視聴するのに最も適したVR機器は何になってしまうのか…。

これから「アダルトVR」動画を視聴したいと考えている人にとっては気になるところでしょう。


今回は、「Oculus Go」の販売が終了する理由も含めて、「アダルトVR」動画を視聴するための最適なVR機器について考えてみたいと思います。



「Oculus Go」の販売が終了してしまう理由

Oculus Go

商品の販売が終了してしまう経緯としては、「売れない」というのが最もな理由として考えられますが、「Oculus Go」に限っては、品切れ状態が続くなど、今もなお人気のあるVR機器です。

ではなぜ、売上が好調だった「Oculus Go」の販売が終了してしまうのでしょうか。


まずその理由の前に、VR機器において非常に重要な機能である「3DoF」「6DoF」について簡単に解説します。


「3DoF」?「6DoF」?何それ?エロいの?

VRに触れたことがない人にとっては、聞き慣れない言葉でしょう。


まず「DoF」について解説しますが、「DoF」とは「Degree of Freedom」の略で、日本語に訳すと「自由度」という意味になります。


「DoF」はVR内で動ける「自由度」のこと。つまり、VRで感知できる方向の数を表します。


「3DoF」とは、X軸、Y軸、Z軸の「回転」の動きに対応することができます。「3DoF」対応のVR機器は、頭の傾きや回転に対応しています。



一方「6DoF」は、X軸、Y軸、Z軸の「回転」の動きに加えて、X軸、Y軸、Z軸の「移動」という動きがプラスされ、合計6つの動きに対応しています。

「3DoF」は、頭を動かして周りの映像を視聴することしかできないのにたいして、「6DoF」は、VR内を自由に移動することができます。


FaseBook傘下のOculus VRは、「Oculus Go」の販売終了することを発表しました。その一番の理由が、今後は「6DoF」のVR機器に注力して開発を進めていきたい、という意向があるからです。

「3DoF」の開発をしていくためには、当然のことながら莫大な費用がかかってきます。「3DoF」の開発を止めるということは、その分「6DoF」の開発に費用を回すことができます。

それは「3DoF」がもはや時代遅れであり、これからは「6DoF」の時代が到来することを意味しています。


個人的には、「Oculus Go」の販売終了は非常に残念ではありますが、これも時代の流れと思ってあきらめるしかなさそうです。


「アダルトVR」動画を視聴するVR機器

Oculus Quest

「Oculus Go」は「3DoF」対応のVR機器です。

例えば「映像を楽しむ」だけが目的の人であれば、「3DoF」対応のVR機器で充分です。

しかし「VR内を自由に動き回るようなゲームを楽しみたい」。そういう人は、「6DoF」対応のVR機器が必要になります。

つまり、「アダルトVR動画しか見ない。その他一切不要」。そんなエロ一筋の人であれば「Oculus Go」で充分だったんです。

当サイトで「Oculus Go」をオススメしていた理由は、あくまで「アダルトVR」動画視聴のみを目的とした人を対象にしており、コスパや機能面などあらゆる面を考慮すると、VR機器の選択は「Oculus Go」最適解だと思うからです。

では、「Oculus Go」が販売終了するにあたって、「Oculus Go」以外で安価なVR機器はあるのでしょうか…。

「アダルトVR」をこれから始めようとしている方にとっては、大変気になるところでしょうが、残念ながら、現状は「安価なVR機器はない」というのが回答になってしまいます。

「どうしてもお手頃価格で「アダルトVR」が楽しみたい!!」そんな人は、スマホを装着するタイプの簡易型のVRゴーグルを選択するよりありません。

簡易型のVRゴーグルでも、「アダルトVR」を楽しむことはできます。しかしそれでは「アダルトVR」の本当の楽しさ&すごさを体験することはできません。

なぜなら、簡易型のVRゴーグルでは「アダルトVR」の最大の魅力である「没入感」を100%体験することができないからです。

簡易型のVRゴーグルは、VRデバイス機器に比べると圧倒的に「没入感」が物足りません。


というわけで、私のような「アダルトVRを真剣に楽しみたい」というオナニストの方は、「Oculus Quest」「OculusRift S」のどちらかをオススメします。
Oculus Quest
Oculus Rift S




両VRデバイス共に、「Oculus Go」よりはだいぶ割高ではありますが、「Oculus Go」の販売が終了してしまったとなれば、それもまた仕方なしといったところでしょうか。




【正規輸入品】Oculus Rift S (オキュラス リフト エス)





【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB


「Oculus Quest」と「OculusRift S」は、それなりに値が張ります。

というわけで、「Oculus Quest」か「OculusRift S」を購入しようと考えている方は、「アダルト」以外のVRアプリも存分に楽しんでほしい、そんなふうに個人的には思うわけです。




まとめ

「Oculus Go」の販売終了は非常に残念に思います。

しかし、これも時代の流れと思ってあきらめるしかありません。

今後は「6DoF」の開発に注力するということなので、VRの技術革新が加速度的に進むことが予想されます。

もしかすると、将来的には「アダルトVR」も「6DoF」対応になるのかもしれません。

VR内の女の子に近づくことで、実際に近づいて見えるようになる。 乳首を近づいて見てみると、乳首どころか、乳輪の毛穴まで見えてしまう…。

これからの「アダルトVR」の未来に期待しましょう。


アダルトVR 快適オナニーライフ
「アダルトVR」動画は、あなたが今まで持っていたオナニーの概念が根底からくつがえります。

今までのアダルト動画は、AV男優と女の子との絡みを監督視点で視聴していました。

つまり、私たちは「客観的視点」でアダルト動画を視聴していたんですね。

しかし「アダルトVR」動画は、視聴者が物語の主役、つまりあなた自身が「AV男優」となり「主観的視点」で女の子とSEXができてしまうんです。

VRの世界だからこそ実現する半端ない「没入感」

  • オナニーに飽きてしまった。
  • 未来のアダルト動画を視聴してみたい。
  • 自分がAV男優になって、女の子とSEXしてみたい。
  • 最近SEXしていないからSEXがしたくてたまらない。かといって風俗に行くお金もない。


上にあげた項目に一つでも当てはまる方は、「アダルトVR」動画を是非体験してみてください。

FANZA
「アダルトVR」動画視聴サイト FANZAはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました